あ!めいじんぐ倶楽部とは お知らせ 部活レポート メディア掲載

トップ  > 部活レポート  > 第15期「暮らし ちょい足しアート部」部活レポート

第15期「暮らし ちょい足しアート部」部活レポート

「あたまを柔らかくして日常を違った視点でみたい」「感性を高めたい」「想いを表現したい」などなど、これまで敷居が高いと感じていたアートの視点をちょっと変えて、アイディアを学び、感性を磨く活動です。
色の作り方・画材の知識、フィールドワークでの作品づくりやアート鑑賞など、基礎を簡単に学びながら、身近なものをアートに変身させる技術や日常にアートを生み出すアイデアとその手法を学びます。
視点を変えることで普段気がつかない日常に新しい発見があったり、クスッと笑えるビジュアルやワクワクも見つけ、ひらめき力や発信力をあげていきます!
身の周りにちょっとプラスして、手軽にアートを楽しみながら暮らしを豊かにします!

第1回目はアートな目線を知るワークを行い、ゲーム感覚で楽しく今の視点や再現力を体感。
第2回目は色相や着色材料を学び、自分で描いた絵を缶バッジやマグネットにしました♪
第3回目はカメラを持ってアート探し。「あの形!」「この角度は!?」街のアチコチが別のモノに見えてきます。写真に“ちょい足しアート”でおもしろ~い自分だけのアート作品が完成です。
第4回目はコラージュ技法や、複数の素材を組み合わせるミクストメディア技法で、想い出の品を楽しく飾り、暮らしを楽しくするアート作品を仕上げました♪

第1回目 1 2 3
第2回目 1 2 3
第3回目 1 2 3
第4回目 1 2 3

暮らし ちょい足しアート部

坂本 鷹也さん

日吉藝術小学校 校長/坂本鷹也絵画造形教室 主宰

坂本 鷹也さん

第15期
暮らし
ちょい足しアート部

(2018年10月~12月)

福岡県飯塚市出身。学生時代より国内外にて展示会開催、平面から立体作品、ライブペイント、インスタレーションやイベント企画等幅広い分野で活躍。
芸術教育事業にも力を入れ、子どもたちが楽しくアートに関わる様々な活動を行う。中でも廃校を利用した藝術小学校プロジェクトはメディアでも多くとりあげ話題を呼んだ。
三児の父であり、子育てしながら活動を続けている。

ページトップへ